地酒にクラフトビールがおいしい川越飲み歩きデートコース

The following two tabs change content below.
hayato

hayato

アパレルブランドでWEB担してる眼鏡を愛する30代・男です。得意ジャンルはファッション・昼飲み・飲み歩きです!よろしくお願いしま~す★

日本各地に小京都と呼ばれるところは数あれど、小江戸(こえど)と呼ばれるところは川越しかありません。徳川幕府三代目将軍の徳川家光も川越は喜多院にて生まれ、川越は歴史的にみても非常に重要な役割を果たしてきました。川越で特徴的なものといえば蔵造ではないでしょうか、黒と白のコントラストは他にはない非常に美しい街並みを作りだしています。今回はこの川越を飲み倒していきたいと思います。

目次

・12:30 川越駅 集合
・13:00 昭和ロマンス通りの熊野神社で運試し
・13:15 蔵造の街並みとCOEDOビールで乾杯
・13:30 東松山名物 焼き鳥 で畳みかける
・14:00 時の鐘と今日の甘未「芋恋」で小休憩
・14:30 菓子屋横丁で懐かしいの駄菓子を大人買い
・15:00 ソーセージと2杯目COEDOの生ビールで乾杯
・15:30 老舗川魚屋『いちのや』で名物うなぎと鏡山で乾杯
・17:00 三代目徳川家光出生の地、喜多院へ
・17:45 小江戸 蔵里でお土産購入といろいろな鏡山を試飲しよう
・19:00 連雀町炭火焼き鳥 もとはし 本店で絶品焼き鳥とワインで〆る
・21:00 さようなら、川越。またくるよ。




・12:30 川越駅 集合


待ち合わせは東上線改札口前にしましょう。川越駅の良いところは改札が一つしかないところで、迷うことはなく待ち合わせができると思います。その分、祭りがある日なんかは激込ですがね。2人そろったら東口に出てください。現代版「時の鐘」にであうことができます。今でも忘れはしない小学生の時にそう先生から説明させて、子供ながらに何言ってんだこの人って思うくらい似ても似つかない風貌です。

 

この左に見える近未来的やつですね。そのままクレアモールへ向かいましょう。

・13:00 大正浪漫夢通りの熊野神社で運試し

クレアモールをとにかく真っ直ぐ進みます。クレアモールは百貨店丸広を中心とした川越一の繁華街ですが、正直見るものはありません。強いて言えば、薬局でウコンを買っておきましょうかね。

 

そのまま真っ直ぐいくと右側に蔵が見えてきます。今日はここでお土産を買うので、いったん素通りします。さらに、まっすぐ歩くと雰囲気がいっきに昭和レトロな街並みに代わります。

 

大正浪漫夢通りを少し進むと鳥居が見えてきます。

熊野神社には、石で作られた足つぼを刺激する健康器具的にな道が作られているので、ここは男らしく靴を脱いでなんでもないような顔で歩いてやりましょう!

 

熊野神社でお参りをしたら、運試しの輪投げにチャレンジをしましょう!

 

ここで何を狙うかが結構メッセージにもなるかもしれないなといつも思いながら、常に健康運めがけて投げていつも入りません。だから、いつも不健康なのかな。。。

この熊野神社にも、なんと『銭洗弁財天』がいらっしゃいます。なんだか、いくところのほとんどに『銭洗弁財天』がいらっしゃると、いいのか悪いのかわからなくなってきますね。とりあえず、いらっしゃるからにはしかっかり洗っておきましょう!

・13:15 蔵造の街並みとCOEDOビールで乾杯

熊野神社でお金を洗い終えたら、もと来た道に戻り蔵造を目指します。そろそろ、お酒が欲しくなってきたところだと思います。あと少しです。

 

蔵造通りに入ると、一気にまた世界が変わります。特に、天気がよく青空の日にいくと蔵造の白と黒と空の青が非常にくっきりとそれぞれを目立たさせます。この一帯には景観を乱さないように建築物に高さ制限がかけられているそうです。蔵造通りに入ったらすぐにアートカフェ エレバートが見えてきます。

アートカフェ エレバード
埼玉県川越市仲町6-4

 

ここはその名の通り、カフェなんですがCOEDOの生ビールをテイクアウトすることができます。料理もおいしく建物の大正浪漫感じる素敵な作りなので、中に入ってグラスでいっぱいでもいいのですが、今日は我慢してテイクアウトにしましょう。雨の日なんかは、ここで休憩してもいいかも。

 

・13:30 乾杯料理は東松山名物のやきとり

ビールを片手に3分ほどあるくと、お肉を焼くいい匂いが漂ってきます。今回1発目の乾杯料理は「エース大松」のやきとりです。

エース大松
埼玉県川越市仲町6-7
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11007711/

やきとりといっても、鶏肉ではなく豚のカシラの串焼きになります。これが、東松山では有名でこのやきとりに辛みそをつけて食べます。辛みそがかな塗られているので辛そうにも見れますが甘みも強いので辛いのが苦手な人でも十分食べられます。とにかくビールとの相性がいい!

・14:00 時の鐘と今日の甘未「芋恋」で小休憩

やきとりをビールで流し込みながら、まっすぐ歩いていくと川越のシンボル「時の鐘」が見えてきます。江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた時計台です。下の写真のようなアングルで取られる時の鐘は至極有名ですね。

 

時の鐘の下には神社がありますが、この中に入れるわけでないので写真を取ったら終わりです。ただ、この当たりにはお店が集まっていて、その中から是非、菓匠右門 時の鐘店さんの今日の甘未「芋恋」を食べてみてください。他では食べられない川越ならではの和菓子です。

菓匠右門 時の鐘店
埼玉県川越市幸町15-13
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11016740/

 

お芋とこし餡が皮に包まれ、蒸されています。暖かくほくほくとした触感でとってもおいしく女の子に人気です。

・14:30 菓子屋横丁で懐かしいの駄菓子を大人買い

芋恋を食べたあとは、さっきの大通りへ戻って菓子屋横丁へ向かいます。菓子屋横丁は、22軒もの菓子屋・駄菓子屋やひしめく川越で人気のスポットです。ソースせんべいに梅ジャム、ウメトラ三兄弟、ゴールデンチョコ、すももさんなど昭和生まれの人たちにはたまらない駄菓子が買えます。

 

特に目を引くのがこの巨大麩菓子じゃないでしょうか。麩菓子って言ってわかるのかな。。。

・15:00 ソーセージとCOEDOの生ビールで乾杯

菓子屋横丁抜けて先ほどの大きな蔵造通りに戻ります。基本的に行は右側を歩いたと思うので、帰りは左側を歩きましょう。そうするとすぐに、二杯目の乾杯料理が出てきます。「Mio Casalo 川越 蔵のまち店」で乾杯といきましょう。

 

ここで使われる豚肉は、小江戸川越で繁殖から飼育まで一貫生産された「100%純粋黒豚(イギリス系バークシャー種)」のブランド豚です。 この豚は川越の特産品であるサツマイモを食べて大きくなってます。鎌倉や吉祥寺など、有名なソーセージ屋さんは数ありますが、僕はここで食べるソーセージとCOEDOの生ビールが一番おいしいと思ってます。

・15:30 老舗川魚屋『いちのや』で名物うなぎを食す

そろそろ、疲れも出てきたことろで休憩したくなるころだと思います。また、ちょこちょこ食べ歩きですので、ここで一発ガッツリ行きたいと思います!それでは、川越名物のうなぎを老舗『いちのや』さんでいただきましょう。

いちのや
埼玉県川越市松江町1-18-10
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000139/

 

ここで豆知識ですが、うな重を食べるときに松竹梅と3つのメニューがあるかと思います。これってなんで値段が違うかご存知でしたか?もちろん、松のほうが高いからおいしいうなぎ使ってるんでしょ?ってなりそうなんですが、これ違います。実はうなぎの量とごはんの量が増えるだけなんです。もちろん、サイドメニューが豪華になっていくってことはあるんですが、うな重だけをみると実はその違いだけなんです。※そうじゃないお店もあるかもしれませんが。ですので、今回のような食べ歩きの場合は梅で十分です!

・17:00 三代目将軍 徳川家光出生の地、喜多院へ

梅といってもご飯ものですから、結構お腹がいっぱいになったんじゃないでしょうか。はい、夜のお酒をおいしくいただくために、歩きましょう♪いちのやさんから10分ほどで三代目将軍 徳川家光の出生の地、喜多院につきます。

 

自然多く、敷地内をブラブラするのがいいと思います。五百羅漢といって、500以上の羅漢さまが建てられています。こんなにも多い羅漢さまを見ることもないでしょうから、一度行かれてもいいかもしれません。となりと話していたり、動物を従えていたりと、いつみてもいろんな発見があります。

・17:45 小江戸 蔵里でお土産購入といろいろな鏡山を試飲

喜多院散策を終えたら、最初来る途中に通り過ぎた蔵へ行きます。実はここは、川越観光のお土産が購入できるスポットになっています。

小江戸 蔵里(こえど くらり)
埼玉県川越市 新富町1丁目10−1

 

有料試飲になりますが、一杯200円からいろいろな日本酒 鏡山を飲むことができます。お互いに一杯づつ頼んで飲み比べしてみましょう♪

・19:00 連雀町炭火焼き鳥 もとはし 本店で絶品焼き鳥とワインで〆る


さて、いちのやさんでうな重を食べたので、お腹がすいているって状態ではないかもしれませんが、このまま帰ると少々味気ないので、おしゃれなところで軽く一杯飲んでいきましょう。今回おすすめするのは、蔵里から徒歩10分ほどで着く「連雀町炭火焼き鳥 もとはし 本店」。

連雀町炭火焼き鳥 もとはし 本店
埼玉県川越市連雀町7-2

 

焼き鳥やとは思えない、店づくりでおしゃれです。出てくる焼き鳥も普通のものから、大根おろしを載せたひな鳥、ちょうちんなどの希少部位を食べることができます。もちろん1本から頼めるので、お腹のすき具合と相談して注文してください。きっと食べ過ぎますが。あとは、焼き鳥やなのにワインが豊富。是非、お店の方におすすめを聞いて飲んでみるのをおすすめします!

・21:00 さようなら、川越。またくるよ。


 

もとはし 本店で飲んでいたら、あっという間に21時です。見どころが多い川越ですが、今回紹介したスポットはほんの一部です。もっと路地に入ればまだまだ面白い場所がたくさんあります。都心から一時間もかからないので、天気の良い日は是非ふらっと川越へいってみてください。




投稿者:

hayato

hayato

アパレルブランドでWEB担してる眼鏡を愛する30代・男です。得意ジャンルはファッション・昼飲み・飲み歩きです!よろしくお願いしま~す★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です